「アシックス」「アンリアレイジ」「ケイスケカンダ」は8月26日、コラボレーション商品を東京・南青山の新施設「バイ パルコ」で発売した。「ジャージ・ミーツ・スーツ」をテーマに、「アシックス」のスクールジャージーをリメイクしたスーツや、ビジネスシューズ風に黒い牛革を用いたバスケットシューズ”ファブレ ジャパンL”などをそろえる。価格帯はジャージージャケットが6万4800円、ジャージースラックスが3万3800円、シューズが3万5640円など。

商品のプロモーションに、俳優の山田孝之が出演するショートフィルムを制作した。オフィスを舞台にコラボ商品を身に着けた山田がサラリーマンを演じるもの。監督は、サカナクションのPVなどを手掛けるショウダユキヒロ。フィルムは全4編で、ユーモアを込めたストーリー仕立てになっている。

森永邦彦「アンリアレイジ」デザイナーは「スタイリッシュなスポーツウエアを提案するのではなく、日常着に落とし込めるようなスーツとジャージーの間のようなものを提案したかった。”大人になると着るスーツ”と”大人になると着る機会がなくなるジャージ”を融合させた」と話す。ショートフィルムに山田孝之を起用した理由について、「同世代で、このコラボの世界観にイメージにぴったりだった。また、普段から『アンリアレイジ』を着用いただいていることもあり、依頼した」と話す。

同コラボのきっかけは駅伝やサッカー、野球、ラグビーなどで早稲田大学をサポートするアシックスの尾山基CEOが、同校の会報で神田恵介「ケイスケカンダ」デザイナーと森永デザイナーが早稲田大学の卒業生であることを知り、オファーをしたこと。アシックスはシグニチャーの「アシックス」「オニツカタイガー」「アシックスタイガー」の3ブランドを持つが、「アシックス」がファッションデザイナーとコラボレーションを行うのは今回が初めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です